薬機・景表法等に関するQ&A

(Q27)課徴金額の減額:どうしてお客さんに返金することで課徴金の額を減らす制度ができたのですか?

2017.2.27
このエントリーをはてなブックマークに追加

この制度は、事業者とお客さんの双方にメリットがあります。

まず、企業側のメリットですが、返金をすることにより課徴金を減らしてもらえますし、お客さんに返金をしたということで、ブランドイメージも維持できるかもしれません。
次に、お客さんのメリットですが、事業者側から自主的に返金をしてもらうことで、被害の回復が簡単にできます。

もし、このような制度がなければ、事業者は自主的には返金をしないかもしれません。そうすると、消費者は、最終的には訴訟により、事業者からお金を取り戻すしかありません。しかし、不当表示の案件では、①不当な表示があったから商品/サービスを購入したという因果関係を立証するのが難しいといわれています。

また、②お客さんに生じた損害額がいくらなのかを決めることも簡単ではありません。そもそも、③損害額自体が小額なので、訴訟でお金を取り戻そうとしても、費用倒れに終わってしまう可能性も高いのです。結局、不当表示の案件では、訴訟により事業者からお金を取り戻すのは事実上、困難なのです。

課徴金の減額制度が設けられたことにより、事業者が自主的に返金をするようになれば、消費者は特段の負担なく被害を回復することができます。このような効果を狙ったのが、返金による課徴金減免の制度なのです。

薬機・景表法等に関する最新記事

(Q43)課徴金の納付:課徴金に不服があるときはどうしたらいいですか?
(Q42)課徴金の納付:課徴金を納めるよう命じられた会社を他の会社と合併させてしまえば、課徴金を払わなくてよくなりますか?
(Q41)課徴金の納付:督促状に書いてある期限までに課徴金を支払わなかったらどうなりますか?
(Q40)課徴金の納付:督促状を送られることによるペナルティはありますか?
(Q39)課徴金の納付:課徴金を期限までに支払わなかったらどうなりますか?
pageTop