薬機・景表法等に関するQ&A

(Q43)課徴金の納付:課徴金に不服があるときはどうしたらいいですか?

2017.2.27
このエントリーをはてなブックマークに追加

課徴金を納めるよう求める命令を「課徴金納付命令」といいますが、例えば、課徴金を納めること自体について不服がある場合や課徴金の金額に不服がある場合には、事業者は、不服申し立てをすることができます。
方法は2つあります。
ひとつめは、行政不服審査法4条1号に基づき、消費者庁長官に対して審査請求を行う方法です。
もうひとつは、行政事件訴訟法3条2項に基づき、処分取消訴訟を行う方法です。

薬機・景表法等に関する最新記事

(Q43)課徴金の納付:課徴金に不服があるときはどうしたらいいですか?
(Q42)課徴金の納付:課徴金を納めるよう命じられた会社を他の会社と合併させてしまえば、課徴金を払わなくてよくなりますか?
(Q41)課徴金の納付:督促状に書いてある期限までに課徴金を支払わなかったらどうなりますか?
(Q40)課徴金の納付:督促状を送られることによるペナルティはありますか?
(Q39)課徴金の納付:課徴金を期限までに支払わなかったらどうなりますか?
pageTop