広告審査チェック

「○○を飲み始めたら、血圧がみるみる下がりました」
「1週間塗るだけで、長年気になっていたシミが薄くなります」
―こんな夢のようなネット広告を見たことはありませんか?

健康食品について、医薬品のような効能効果をうたっている場合や、化粧品について認められた範囲を逸脱する効能効果をうたっている場合には、薬機法違反により懲役刑や罰金刑を課されるリスクがあります。

当事務所では、御社の全広告媒体(ホームページ、パンフレット、ビラ、トークスクリプト等)について、薬機法、景品表示法、健康増進法等の観点から審査いたします。

広告にかかわる規制は年々厳しくなっています。面倒な広告審査は当事務所にお任せください。

pageTop