ECサイトについて

増加の一途をたどるECサイト

スマホやタブレットの普及、その利便性などから、年々増加しているECサイト。経済産業省の調査によると、平成28年日本国内のBtoCのEC(消費者向け電子商取引)市場規模は、15.1兆円と、前年比9.9%増まで拡大しました。このうち、物販分野における 2016 年のスマートフォン経由の BtoC、EC の市場規模は 約 2 兆 5,559 億円で、前年比の28.7%増。これは物販の市場規模全体の3割以上に相当する金額となっています。

出典・平成28年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)

利用規約

ECサイトを運営するにあたって必須となるのが利用規約です。

ECサイトで商品を購入する人は非常に多い上に、ECの性質上、購入者は日本各地に存在します。そのような購入者の一人一人と契約書を交わして商品を販売することは事実上不可能です。そこで、そのような契約書の代わりとして機能するのが利用規約です。

このように、利用規約とは契約書と同じものと考える必要があります。誰かと契約書を結ぶときに、その内容に無頓着であってはならないのは当然のことです。そして、利用規約についてもそれは同様に当てはまるのですが、残念なことに、世間にはまだまだ不十分な利用規約が数多くあります。それは、ECサイトを立ち上げる際、利用規約については既存のものをインターネットなどから引っ張ってきてそのままコピペしてしまったり、手を加えるとしてもちょっとしたマイナーチェンジにとどめてしまったりすることが原因でしょう。

しかし、それでは現実にトラブルが発生した場合に利用規約が役割を果たすことができません。世の中には多種多様な商品、サービスがあり、サイト運営側のニーズや、トラブルの種類もまた様々です。本来、利用規約とは「その会社の、そのECサイト」にカスタマイズされたものでなければならないのです。

もう一度、自社の利用規約を見直してみてください。ECサイト立ち上げのときに何となく作った利用規約がそのままになっていたら…。あるいはこれからECサイトを立ち上げようとしているけれど利用規約をまだ作成していなかったら…。是非当事務所にご相談ください。貴社のニーズを掘り起こし、それらを反映させた利用規約をカスタマイズいたします。

ECサイトにつきましては、下記に解説しておりますので、是非ご覧ください。

1、商標

2、利用規約

3、プライバシーポリシー

4、特定商取引法に基づく表示

5、景品表示法(広告審査等)

6、メルマガ等の規制

7、著作権

8、ウェブサイト・システムに関する契約

9、営業秘密

10、会社設立

pageTop