プライバシーポリシー

1 プライバシーポリシーとは

プライバシーポリシーとは、事業者の個人情報保護を推進するための考え方・方針をまとめたものです。プライバシーポリシーを定めて、例えばHP上のアクセスしやすい場所に掲載すること(公表すること)で、サービス利用者との信頼関係を構築することにつながります。

また、個人情報の保護に関する法律(以下「個人情報保護法」といいます。)によれば、事業者は、個人情報に係る一定の事項に関して公表する(又は本人に通知する)必要があります。したがって、プライバシーポリシーには、それらの事項も盛り込むことが重要です。

2 プライバシーポリシーの内容

プライバシーポリシーには、個人情報の取扱い方針を利用者に分かりやすく説明するという観点から、次のような事項を記載する必要があります。また、これらの事項を記載することで、個人情報保護法の要請にこたえることもできます。

(1)提供するサービスの概要

取得する個人情報をどのような目的で利用するのか、次の(2)(3)と合わせ、利用者が理解しやすくなるように、提供するサービスの概要を記載します。

(2)取得する個人情報と取得の方法

取得する個人情報の項目とその取得方法について、可能な限り細分化し、具体的に記載します。

(3)個人情報の利用目的

個人情報の利用目的は具体的に記載する必要があります。例えば、「当社のサービスの提供、利用サポート、新サービスのお知らせのために利用します。」等と記載します。

(4)個人情報や個人情報を加工したデータの第三者への提供の有無及び提供先

(5)利用者による個人情報の提供の停止の可否、訂正及びその方法

(6)問合せ先

(7)保存期間、廃棄

3 公表とは

プライバシーポリシーの公表の方法としては、次のような方法が考えられます。

(1)自社のHPのトップページから1回程度の操作で到達できる場所への掲載

(2)自社の店舗や事務所等、顧客が訪れることが想定される場所におけるポスター等の掲示、パンフレット等の備置き・配布

(3)通信販売用のパンフレット・カタログ等への掲載(通信販売の場合)

pageTop