従業員との労務トラブル

雇用者と従業員との間の労働問題(労務問題)は、企業の規模や業種を問わず、必ずといっていいほど存在する重大な問題のひとつです。従業員の解雇や内定の取り消し、未払いの残業代処理に加えて、近年はセクハラ、パワハラ、メンタルヘルスなど、労務関係トラブルの種類は多岐にわたり、そのいずれもが、非常に慎重に扱わなければならない事案です。

こうしたトラブルが発生する前に、または、発生してしまった後も他の従業員に対して極力影響を少なくするために、弁護士による代理交渉などを行います。

pageTop