薬機・景表法等に関するQ&A

(Q9)課徴金制度のあらまし:課徴金って何ですか?

2016.9.8
このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年4月1日、不当な表示をした事業者に対し、課徴金を課すことができる改正景表法が施行されました。

この改正は、昭和37年に景表法が制定されてから、もっとも大きなものであり、事業者に与える影響も大きなものです。課徴金は、最大、3年間の売上げの3パーセントの額になりますから、課徴金が課された場合、経営に与える影響は甚大です。

この記事では、どうして課徴金制度がつくられたのか、どのような場合に事業者が課徴金を支払わなければならないのか、その金額はどのように計算されるのか、課徴金の金額に不満があるときはどうしたらいいか、どのようにして課徴金を支払うのか、課徴金を支払わなかったらどうなるかなど、実務的な観点から、ご説明していきます。

The following two tabs change content below.
弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所 美容広告専門チーム

弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所 美容広告専門チーム

美容広告専門チームは、美容業界と広告に精通した弁護士集団として、高い専門性を持ち、多くの企業の顧問弁護士を務めている。美容や広告に関するセミナーでの講演依頼を多数受け、新聞をはじめとしたメディアからも数多くの取材を受ける。

薬機・景表法等に関する最新記事

ダイエットサプリメント(機能性表示食品)に対し消費者庁より措置命令
腫瘍に効く水を販売したとして薬機法違反で逮捕された件について弁護士が解説
陥りやすい薬機法(薬事法)違反の例と刑罰とは?
ドミノ・ピザに対する景品表示法に基づく措置命令について解説
課徴金納付命令とは
pageTop