顧客対応に関するQ&A

先払いチケットの消化期間の設定方法と消化期間を過ぎた場合の返金対応とは?

2016.2.22
このエントリーをはてなブックマークに追加
?
多くのエステ店やその他のサービスを店舗で運営する事業主は、顧客獲得のためにもコースや回数券など数回にわたってサービスを提供することがあると思います。その際の支払い方法を先払いにしている店舗も少なくはないのではないでしょうか。
そこで今回は、コースや回数券を販売する際に知っておくべきルールなどをご紹介したいと思います。

消化契約期間には法的定めはなし

まずコースや回数券などを設定する際、一緒に設定するのは消化期間です。
例えば3回コース・5回コースと設定する際、その回数を消化できるのは◯◯月までとか◯年以内などと設定するはずですが、ここで気になるのがその消化期間をどう設定すべきかではないでしょうか。実は期間の設定については明確な法的定めは特にありません。

ですので、コースの提供は事業主と客との間で交わされる契約の問題になります。ただし、そもそもその消化期間におおよそありえない期間を設けている場合は、民法1条2項に定められている「信義誠実の原則」略して信義則に抵触する可能性もあります。

消化期間の設定は、誰がどう判断しても合理的な範囲で設定していれば問題はありません。ですが、客をだますような期間で設定していたり、物理的に消化できない期間を設定してしまうなどすると顧客とのトラブルにもなりかねない上に、裁判になった場合、様々な法律に抵触し罰則も出てきてしまいます。
気をつけましょう。

消化期間を過ぎてから返金を求められた場合

消化期間を客と契約を開始したけれど、客側が店に来ずにそのまま消化期間を過ぎてしまった時に多いのが返金トラブルです。
客側としては回数を消化していないので、返金してほしい心理が働くのは当然です。ですが、事業主としては実は契約を交わした後は、消化期間を過ぎてからの返金対応はしなくてもよいのです。
但し、消化期間を定めていなく回数券を販売した場合に返金を求めれた場合は、厳密に言うと何年経っても要望があれば返金対応はする必要があります。また、この場合は返金というより中途解約またはクーリングオフとなりますので客側に大きく権利があります。

まとめ

チケットの消化期間やお金にまつわることは、ちょっとした認識の違いで大きなトラブルになりかねませんから、まずは客とコンセンサスをとり書面に落とすなどすることが必要です。
合理的な期間とはどのような期間なのか、書面にどう記載すべきなのかは専門家に相談などするなどして事前に対処するのがおすすめです。

顧客対応に関する最新記事

整体院・カイロプラクティックを巡る諸問題
事業主なら知っておきたい!個人情報の取扱い方法
ネズミ講、マルチ商法、ネットワークビジネスの違いとは?
美容業における、資格と法律・営業可能範囲について
閉店や事業譲渡の際に知っておきたい個人情報の取扱い方法
pageTop