新着に関するQ&A

【令和6年4月】エステー株式会社に対する景品表示法に基づく措置命令について弁護士が解説

2024.5.1
このエントリーをはてなブックマークに追加

大企業であるエステー株式会社に対し、消費者庁が措置命令

消費者庁は、令和6年4月25日、エステー株式会社に対し、景品表示法に基づく措置命令を行いました。

 

措置命令の対象となったのは、エステー株式会社が供給する、「MoriLabo ナイトケア花粉バリアポット」と称する商品、「MoriLabo 花粉バリアスティック」と称する商品、「MoriLabo 花粉バリアシール」と称する商品及び「MoriLabo 花粉バリアスプレー」と称する商品に係る表示で、当該表示が「優良誤認」に該当するということで、措置命令が行われました。

 

消費者庁は、大小様々な会社に対し措置命令を実施しており、今回の件は、多くの方が知る著名な会社、規模の大きい会社が指摘を受けたものとなります。

 

消費者庁の指摘事項等

消費者庁ホームページより:https://www.caa.go.jp/notice/assets/representation_cms204_240426_04.pdf

消費者庁の指摘事項の概要は次の通りです。

 

今回の商品につきましては、同社のHP等において、例えば、

 

・「香りで花粉をガード ※ 花粉を直接覆って、アレル物質の働きを引き下げる」

・「本品に配合されているトドマツ精油は、スギ花粉をコーティングすることにより、アレル物質の働きを低減するという研究成果が報告されています。」

・「香りで花粉をガードするしくみ」

・「花粉に直接アプローチ 次世代の花粉対策」

・「花粉を Wブロック」

・「スプレー時には、顔や髪のまわりに浮遊す るスギ花粉をコーティングすることにより、アレル物質の働きを低減します。スプレー後には、肌や髪の表面をバリア層が包み込み、空 気中のスギ花粉の付着を抑制します。」

 

等と表示していました。

 

また、使用方法として、商品ごとに、「寝室に置く」、「マスクの外側に塗る」等の記載・表示をしていました。

 

これにつき、消費者庁は、【あたかも、「使用方法」記載のとおりに当該商品を使用するだけで、トドマツ精油の香りの成分が、浮遊するスギ花粉を含む花粉をガードする効果及びスギ花粉をコーティングすることによりアレル物質の働きを低減する効果が得られるかのように示す表示をしていた】と指摘しました。

 

そのうえで、消費者庁は、当該会社に対し、当該表示の裏付けとなる合理的な根拠を示す資料の提出を求めたところ、【当該会社から資料が提出されたが、それらはいずれも、当該表示の裏付けとなる合理的な根拠を示すものであるとは認められないものであった】として、措置命令を課しました。

 

 

まとめ

今回は、著名な大手会社に対する措置命令であり、対象商品は、花粉症対策商品でした。

 

HPやパッケージにおいて、「花粉を香りでガード」等と表示していましたが、消費者庁において、合理的根拠が認められないと判断されてしまったところとなります。

 

エステー株式会社が提出した資料の詳細は不明ですが、報道等によりますと、同社が提出した資料は、小さな密閉空間での試験結果(500ミリリットルほどの容量の密閉された空間でのデータ)等であったとされています。

 

消費者庁は、実際に使用されることが想定される状況での結果を要求しており、実際に使用する環境と異なる条件での試験結果では合理的根拠と認めてくれません。

 

良い商品であったとしても、それを示す合理的根拠を示せないと消費者庁より措置命令や課徴金納付命令を受けるリスクがありますので、合理的根拠を示せるか、どこまで広告として表示すべきか等につき、十分ご注意頂ければと思います。

 

広告表現にお悩みの方は薬機法に詳しい丸の内ソレイユ法律事務所の弁護士にご相談下さい

弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所は2009年に創業いたしました。2016年、弁護士業界ではいち早く美容健康分野に対するリーガルサービス提供を開始し、現在では健康博覧会、ビューティーワールド ジャパン、ダイエット&ビューティーフェアでの薬機法セミナー講師を務めるなど、美容健康業界の広告適正化に向けての啓蒙活動を行っている法律事務所でございます。

 

これでは何も訴求できない、どんな風に書けばいいのかわからないーそのようにお悩みの方、企業の販促・プロモーション・広告担当の方、弊所は法律に則った訴求表現のアドバイスもさせていただくことが可能ですのでぜひ一度ご相談ください。

 

広告は文章だけでなく、広告全体から判断されます。

若返り系のワード以外にも、ビフォーアフター写真のような若返りを暗示する写真やイラストでの表現も薬機法違反の対象となりますので注意が必要です。

 

弊所では美容広告に詳しい弁護士が多数在籍しており、皆様のご不安に寄り添うことができます。
丸の内ソレイユ法律事務所の広告審査は、スポットでA4 1枚/11,000円からご依頼頂けます。(1枚単価がお安くなる顧問プランもございます)


全て弁護士がチェックしており、グレーな部分は行政へ確認を取ってからレポートをお戻ししております。

ネットで調べても何が正しいか分からない!自社内で審査すると時間がかかる!と広告表現についてお悩みのお客様は、是非一度弊所をご活用いただければ幸いです。

 

広告審査サービス紹介ページはこちら

>>広告審査チェック

 

>>お問い合わせ・お見積りはこちらから(初回相談30分無料・広告データも送信できます)

The following two tabs change content below.

弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所 美容広告専門チーム

美容広告専門チームは、美容業界と広告に精通した弁護士集団として、高い専門性を持ち、多くの企業の顧問弁護士を務めている。美容や広告に関するセミナーでの講演依頼を多数受け、新聞をはじめとしたメディアからも数多くの取材を受ける。

新着に関する最新記事

【令和6年4月】特商法12条(誇大広告)違反の事例
【令和6年4月】エステー株式会社に対する景品表示法に基づく措置命令について弁護士が解説
【令和6年4月】特定商取引法違反の通信販売業者 株式会社オルリンクス製薬に対する業務停止命令等の発令について 
【令和6年3月】東京都から株式会社ヘルスアップ、株式会社ニコリオに対して景品表示法に基づく措置命令が出されたことについて弁護士が解説
【令和6年3月】株式会社バウムクーヘンに対する景品表示法に基づく課徴金命令について解説 
pageTop