ニュースに関するお知らせ

ドイツで大麻使用・所持が合法化

2024.4.2
このエントリーをはてなブックマークに追加

ドイツで2024年4月1日から、限定的ではありますが大麻の使用と所持が合法化されました。

 

もちろん所持量の上限や使用場所の制限は設定してあります。

 

使用できる年齢は18歳以上の成人。

 

 

未成年者の使用や、学校や遊び場近くでの使用は違法となり、どこででも使用はできないようです。

 

 

個人使用目的の大麻草を3株まで栽培でき、自宅で50グラム、公共の場で25グラムの所持が認められます。

 

ドイツ政府は、流通を管理することで、闇市や粗悪品の撲滅、未成年使用の規制を目的としているとしていますが、規制所持量をきちんと守れるのか、健康被害が続々出てくるのではないか等、懸念点は多そうです。

 

一方の日本は、大麻の「所持」「譲渡」は法律「大麻取締法」で禁止されております。

 

 

↓外務省ホームページ【注意喚起】ドイツにおける大麻の合法化と日本の大麻取締法、大麻の健康被害について

https://www.anzen.mofa.go.jp/od/ryojiMailDetail.html?keyCd=149084

 

 

令和5年12月に大麻取締法の改正法が参議院本会議で賛成多数で可決・成立されました。

 

これまでは、「所持」「譲渡」だけが罰則の対象でしたが、これに加えて「使用」に対しても罰則を追加し、医療品目的での大麻の栽培・使用は認める方向に改正がなされます。

 

さらにこの改正では、ストレス緩和やリラックス効果が期待できる大麻由来のCBDにも言及がありました。

 

これまでは、CBD内の、THCという幻覚を引き起こす有害物質がちょっとでも含まれていると販売できなくなるリスクがありました。

 

しかし今回の改正では、CBD内に微量に残留するTHCの残留限度値を設けることで、より仕入れリスクが低下し、販売がしやすくなることでCBD市場が活性化することが期待されています。

 

CBD関連記事

最近話題のCBDって?~今更聞けない話題の成分を弁護士が解説~

The following two tabs change content below.

弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所 美容広告専門チーム

美容広告専門チームは、美容業界と広告に精通した弁護士集団として、高い専門性を持ち、多くの企業の顧問弁護士を務めている。美容や広告に関するセミナーでの講演依頼を多数受け、新聞をはじめとしたメディアからも数多くの取材を受ける。

ニュースに関する最新記事

無料ダウンロードレポート「ナンバーワン表示違反事例集」を追加しました(2024.06.27 UP)
初のステマ規制による行政処分|医療法人社団祐真会に対して景品表示法に基づく措置命令が出されました(2024.06.7 UP)
株式会社那覇直葬センターに対して景品表示法に基づく措置命令が発出されました(2024.05.31 UP)
中国電力株式会社に対して過去最高額16億円超の課徴金納付命令(2024.05.28 UP)
エステー株式会社に対して景品表示法に基づく措置命令が発出されました(2024.04.26 UP)
株式会社HALに対し特定商取引法に基づく業務停止命令が発出されました(2024.04.18 UP)
株式会社オルリンクス製薬に対する特定商取引法に基づく業務停止命令(2024.04.10 UP)
東京都から機能性表示食品を販売する2社(株式会社ヘルスアップ、株式会社ニコリオ)に対し景品表示法に基づく措置命令が発出されました(2024.03.28 UP)
【弁護士コメント】小林製薬の「紅麹コレステヘルプ」の回収について(2024.03.27 UP)
株式会社バウムクーヘンに対する景品表示法に基づく課徴金納付命令が発出されました(2024.03.26 UP)
買上げ調査により痩身系サプリメントから医薬品成分「ヨヒンビン」が検出(2024.03.22 UP)
「車両用クレベリン」の「役務」に科学的根拠無し|デンソー株式会社ら計10社に対して景品表示法に基づく措置命令が出されました(2024.03.21 UP)
【特商法によるナンバーワン表示の摘発】株式会社サンに対して特定商取引法に基づく行政処分が出されました(2024.03.18 UP)
【12億3,097万円】メルセデス・ベンツ日本株式会社に対して景品表示法に基づく課徴金納付命令(2024.03.13 UP)
年末年始休業のお知らせ(2023.12.27 UP)
【小池弁護士】12月2例目の機能性表示食品の販売会社に対する措置命令(2023.12.21 UP)
【速報】改正大麻取締法が参院で可決・成立で大麻「使用」禁止が追加(2023.12.6 UP)
【糖質低減をうたった電気炊飯器事案】措置命令が出された場合の手続きについて、弁護士解説を掲載しました。(2023.03.16 UP)
年末年始休業のお知らせ(2022.12.21 UP)
令和4年12月5日 健康食品に関する景品表示法及び健康増進法上の留意事項について解説記事を掲載しました。(2022.12.9 UP)
調剤薬局・薬剤師の方のための記事を掲載しています(2022.12.5 UP)
夏季休業期間中(8月11日~8月14日)の電話予約受付について(2022.08.8 UP)
No1表記に注意! 株式会社PMKメディカルラボに対する措置命令について弁護士解説(2022.06.17 UP)
美容系Webメディアにて事務所弁護士のコラム「NG広告ファイル」が掲載(2022.03.11 UP)
新型コロナウイルス感染拡大防止のための営業時間変更について(2022.01.20 UP)
電話・FAXの不通のお知らせ (令和4年1月7~11日)(2022.01.7 UP)
メルセデス・ベンツ社のカタログ記載に対する措置命令のコラムを掲載しました(2021.12.14 UP)
トムソン・ロイター社 雑誌「Asian Legal Business」から取材を受けました!(中里弁護士・早瀬弁護士)(2021.12.2 UP)
弊所ニュースレター11月号「Vol.9」ができました!(2021.11.29 UP)
ダイエット&ビューティーフェア2021にて講師を務めます。(2021.08.13 UP)
定期購入における「最終確認画面」のチェックサービスを開始しました。(2021.08.12 UP)
化粧品広告における「還元」表現についてのコラムを掲載しました(2021.04.9 UP)
2月20日 通販・EC事業様向けセミナーを開催します(2019.12.25 UP)
<ご注意>当事務所の弁護士を名乗る不審な連絡にご注意ください。(2019.12.9 UP)
beautyworld JAPAN (2019 東京)に出展します(2019.04.9 UP)
インバウンド企業のスタートアップの“盲点” ~美容・健康産業ビジネス~(2019.02.4 UP)
美容医療業界向けに、特商法への対応を支援するサービスを開始します(2017.11.2 UP)
pageTop